COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDとは

気管支に炎症が起きたり、酸素の交換を行う肺などに障害が起きる病気です。COPDは一つの病気ではなく、慢性気管支炎や肺気腫などによって長期に渡り気道が閉塞して肺への空気の流れが悪くなる病気の総称です。

COPDの原因

COPDの最大の原因はタバコです。患者の90%が喫煙者という報告もあります。
また、他人のタバコの煙(受動喫煙)も発症原因となる可能性が高いと言われています。
肺機能は加齢とともに低下していきますが、喫煙が加わると急速に低下が進み、発症するといわれています。

COPDの症状

代表的な症状は息切れです。階段や坂道で息が切れたり、重たい荷物を持つと苦しくなったり、風邪が長引いて咳が止まらない、朝起きると痰がからむ等の症状が頻繁に出ることもあります。

COPD治療法

薬物療法などの医師判断以外にも栄養管理や禁煙など患者さま主導で行う非薬物療法もあります。

※当クリニックでもお薬による禁煙治療を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。