新型コロナウイルス抗体検査

抗体検査とは?

新型コロナウイルスのワクチンを二回接種した方に向けて、抗体がついたか否かを調べる中和抗体検査を実施しております。
ワクチンを接種することで、新型コロナウイルスがヒトの細胞に感染するために必要なスパイクタンパク質をブロックする抗体が産生され、これを測定することで免疫がついたかどうかを調べることができます。

ドラッグストアなどで市販されている簡易キットとは異なり、院内で採血を行い抗体検査会社へ依頼をして調べる精度の高い検査です。抗体の有無で陰性(-)、陽性(+)を判別するだけではなく、ワクチン接種後に作られるスパイク蛋白質に対する抗体価がどのくらいあるかを定量(数値)で知ることができます。

注意事項

  • 抗体がついたか否かを調べる検査であり、現在の感染を調べるPCR検査や過去の感染の既往を調べる検査とは性質が全く異なります。症状があり、現在の感染が疑われる方はPCR検査実施医療機関をご受診ください。※当院ではPCR検査は行っておりません。
  • ワクチンを接種したにも関わらず体質により抗体がついていない場合もございます。その場合は感染対策を徹底していただき、3回目接種などの国からの追加政策をお待ちください。

検査方法

医師の問診の後、ごく少量の採血をします。

結果

検査日の翌々日以降に来院いただきます。結果のお渡しのみで問診はございません。
例)9月1日に検査→9月3日以降に来院

対象者

コロナワクチンの二回目接種から二週間以上経過した方

費用

7,700円(税込)
※自費診療となります。
※クレジットカード利用可能

受診の流れ

予約制になっておりますので下記よりお申し込みください。