気管支喘息

気管支喘息とは

気管支喘息とは気管支の粘膜に慢性的に炎症が起き、気管支の気道が狭くなり過敏になる結果、咳や痰などの症状が起き繰り返す病気です。
原因は様々ですが、最も多いのは抗原となるタンパク質(アレルゲン)を吸入する事で気管支にアレルギーや免疫反応が生じて発症するタイプです。
この他にも運動や特定薬剤を服用する事で、同様の症状を引き起こす事があり、このように喘息症状を引き起こす原因は単一ではなく、現在では症候群であると考えられています。

気管支喘息の症状

何らかのきっかけで急に息苦しくなり、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘鳴がでる発作をおこします。
また慢性的な咳、痰だけの人もいます。発作には自分でもわからない軽いものもあり注意が必要です。夜間から朝方の時間帯に悪くなる人が多いのも特徴です。

気管支喘息の治療

喘息とはアレルギーその他がきっかけで、気道に炎症が起きる結果、気管支が狭くなり息が吐きにくくなる事を発作的に繰り返す病気です。そこで、気管支拡張薬を用いて気管支を拡げることも効果があります。
更に重要な事は気管支の炎症を、日頃から十分に抑えてコントロールしておくことです。その為の中心的な薬剤が吸入ステロイド薬で、ごく微量のステロイド薬を専用の吸入器にて口から吸入する治療法です。

咳喘息

近年増えている喘息関連の病気に「咳喘息」というのがあります。これはゼーゼーなどの喘鳴や呼吸発作を起こさず、呼吸機能検査も正常であり、慢性的に空咳(痰を伴わない咳)だけが続く病気です。
この治療には、喘息と同様な吸入ステロイド治療が中心となります。

診療日 毎週 月~金 午前・午後
午前
午後 - ※1

※1 木曜午後は17:30までの受付

お問い合わせ 泉ガーデンクリニック外来受付